close >>

提灯さおもみ祭り

2008年11月12日

12月7日は「古河ちょうちん竿もみ祭」です。 

矢来というやぐらの中で、18mほどの竹竿につけた
提灯(本物のろうそくがはいってます。)をぶつけあって火を
消しあうお祭です。 各町内ごとに手作りでつくられた
さお竹を大人20名ほどが、長い竹竿を支えながらぶつけ合います。

竹竿はカメラの三脚のように途中を3本の小さい竿で固定され、
その3本の竿をうまく操りながら18mほどの提灯がついた竿を
振り合うのです。

矢来の外で観るのも楽しいですが、たくさんの大人たちが竹竿を操り、
相手の竿にぶつけながら火を消しあう迫力はたまりません。

関東の奇祭と呼ばれる「提灯さおもみ祭」
7日、日曜日16時?の開催です。

一度、この珍しいお祭をご覧に古河にぜひお越しください。

Copyright(C) 2019 Ooshimaen All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE